マネジメントプロファイリング

HOME» マネジメントプロファイリング »マネジメントプロファイリングの概念

マネジメントプロファイリング

マネジメントプロファイリングの概念

企業組織を支える個の力

コロナ禍で、仕事のしかたも急変してきています。リアルな業務が極端に減り、リモートワークの仕事が増えてきていますが、マネジメントのしかたは変わっていますか?

コロナが終息しても、現在取っているリモートワークの業務は変わらないと思います。

企業にとって今まで、必要経費だと思っていた、交通費宿泊費があまり必要ないということが強く認識できたからです。

その経費を削減できた資金を、社員の為に還元したほうが、社員の業務に対する意欲が大きく変化することは、間違いの無い事実です。

その為に、これから重視しないといけないのは、『個の力を活かしたチームワーク力』です。

コミュニケーション力を高める為には、実際に会って話をしてジンカン距離を縮めることだと思い過ぎていませんか?

従来のコミュニケーションを上げる方法として、面談の時の視線や表情のことにこだわっていますと、本来の業務遂行が出来ません。

オンラインでは、カメラ位置にもよりますが、視線は間違いなくズレます。

そのことがコミュニケーション能力が低いと認識するようでは、これからのビジネスワークは、間違いなく良いものは産まれてきません。

リモートワークであっても、伝達すること・報告すること・確認することがチェックできればそれで成果はあがるということを認識することです。

この機に今までの価値観を大きく変革することです。

どのようにチェックするのか

やり方は、本当は至極簡単です。

ところが、人の価値観は十人十色言われますし、その言葉に惑わされがちです。

特にリーダー職を拝命された人は、最近ハラスメントと言われないようにしてください。

この言い方は、ハラスメントですからとか、業務以外のことで、指導されることが多くなってきていますし、昇格して一番難しいのが、人材の活かし方で悩んでいる姿を、部下たちが見ますと、昇給できても昇格しない方が良いと思うのは、至極当然の感情ではないでしょうか。

そこで、私共は心理学・行動科学をベースに永年研究開発したPerformance Analysis(性能解析)によるマネジメント・プロファイリングを完成させました。

個人の行動特性を解析し、当該タイプに対して、リーダーの指示の出し方、進捗チェックのしかた、報告前後の労のねぎらい方を覚えるだけです。

タイプ分析 対応とは

⦿質問アンケートに対して、ペーパーかインターネット上で 50項目を 〇 △ ×で答えるだけ

⦿あとは、システムがタイプを特定します。

⦿そのタイプに対して、

 ①個人には、業務中に注意しなければならない

  ことを示します

 ②個人が望むんであれば、成長プログラムを指導

  します

 ③リーダーには、指導方法ではなく、タイプ別によるチェックのし方を提示致します。

 

これからの組織力(チーム力)向上の為のマネジメントプロファイリング

組織力があるとか 高いと言われる企業は、当該者が与えられた業務を、間違いなく処理して、関連事業部につなげていくことが出来ている 組織(チーム)は組織力があると言われます。

適材適所と言われてきましたが、実際に適材適所に配属されている人材は、それほど多くありません

しかし、これからの企業組織の構築には、ジョブ型の人材活用から始まり、メンバーシップ型の人財に育成(成長)できる仕組みを作り上げることだと思います。

 

2021/05/16